速読甲子園・大隈講堂への道!~進学個別桜学舎/みんなの速読

進学個別桜学舎教室が開講する「みんなの速読」「みんなの速読英語」のブログです!年1回開催の速読甲子園で全国上位を目指し、早稲田大学大隈講堂で開かれる表彰式を目指します!

2016年03月

⇒公式サイトはこちらから!http://www.ueno-sakuragi.com/
⇒公式ブログ「さくらのまなびや」はこちらから!http://ohgakusha.doorblog.jp/
⇒桜学舎Leptonのブログはこちらから!http://lepton.doorblog.jp/
⇒公式Twitterはこちらから!https://twitter.com/ohgakusha
⇒公式Facebookはこちらから!https://www.facebook.com/Ohgakusha

英語速読について思うこと

あの素晴らしき春の暖かさがようやくやってきたのでしょうか...一時的な気休めで終わってしまうのはもうこりごりですね。


そろそろアイスコーヒーに切り替えようかなーなどと考えている藤原です。


先日、英語速読セミナーに参加した日から少し日が経ちましたが、いくつか思うところが出て来たので書いてみます。


まず、英語速読は通常の速読に比べて手順が明確に示されており、初心者の人も混乱しにくいということです。表現が正しくないのかもしれませんが、形式的にカッチリ作られているのが英語速読だと言えます。これは、英語における速読力を鍛えるために全員に必ず踏んでほしい手順があるという狙いがあります。


日々の基本的な英語速読の流れとしては、「語彙→読解→速読→復習読解」の4つをこなすことになるので、基本手順を崩せません(通常の速読で言うところのオートトレーニング→解くトレーニングという流れでしょうか)。一つのステップをすべてやり切らないと次の項目に行けないようになっているので、中心的なメニューは全てやる必要が出てきます。


ただ、この基本的なトレーニングの流れが非常に使い勝手が良いのですね。
リスニングのスピードに変化をつける、サブツールである単語のプリントで単語力の強化、空欄穴埋め作業でディクテーションの練習などなど...トレーニングそのものの選択肢は広くないのですが、活用の仕方が幅広くあるので、英語速読の基本を踏まえつつリーディングやリスニングなどの力にも広げていけるようになっています。


もちろんleptonと通じるところも少なくないと思いますが、やはり英語速読は「読む」というところに重点を置いたものですので、中学・高校・大学などで必須スキルのリーディング力を鍛えたい人は是非受講してほしいところであります。


あとは通常授業で英語をとっている子、これからとろうと考えている子は単語力も同時に鍛えていけること間違いなしなので、復習と予習の相乗効果をうまーく利用してドンドン英語力を鍛えていきましょう!発音も英語速読で聞くことができるので、シャドーイング等をしてみるのも効果的です。


早いうちから英語という環境に慣れるだけではなく、自分のものとして英語を使えるように、理解できるようになるためにも英語速読にチャレンジしてみましょう!

春期講習

すみません!春期講習の準備でどたばたしていたこともあり、忙しさにかまけて記事の更新をサボっていました、とほほ。



春期講習中は、通常授業としての速読は開講しておりません。



春期講習速読の申し込み、振替等の措置をされている生徒は時間割設定をしていますので、確認した上で速読をやるようにしましょう。



そろそろ3月のピックアップトレーニングのランキング発表です。


一階の速読お知らせ板を要チェックです!

英語速読

皆さんこんにちは!


間が空いてしまって大変申し訳ありませんでした。


2月末から体調不良もありまして...いけませんね言い訳しては。今は元気を取り戻したので、ここまで休んだ分を取り返すためにも頑張らせていただきます!



というわけで英語速読の受講風景を横から撮ってみました。


 




英語速読は、名前の通り速読の英語verなんですが...英文を読むときに「複数の単語を1つのかたまりとして」読む訓練を重ねることが中心になっています。

通常の速読も「複数の単語をかたまりとして読む」というテクニックを目を素早く動かしたり、視野(速読の用語では視幅・識幅)を広げたりすることによって身に付けていくのですが、英語速読にも通じるところがありますね。


さらに英語速読は目で追って読む、というトレーニングだけではなくリスニングも同時にすることができたり、サブツールを使って単語テストや、空欄穴埋め形式のリスニング問題に取り組むこともできます!

少しずつ桜学舎内でも英語速読熱が出てきているので、通常の速読に負けず劣らずで頑張っていきたいですね。

英語速読という存在自体がまだ生まれて間もない赤ちゃんのような存在なので、可能性を大きく秘めている存在だというのは間違いありません。みんなの成長に合わせて、英語速読もどんどん進化していくこと間違いなし!今後に期待大ですね!

2月のランキング

遅くなりましたが、2月のピックアップトレーニングのランキングをお知らせ板に書きました^^!


1階のいつもの場所に掛けてあるので、速読生はチェックしてみてくださいね!



速読ポスター達

速読関係のポスター・掲示物は桜学舎2階の壁にまとめて掲示しました!


こうみると、忍犬速ドックの可愛さがとても目立ちますね(笑)


3月は成果チェック①がイベントとして用意されていますが、これから夏に向けて大きなイベントが2つありますね。



1つは6月に開催される「速解力検定」です!


前回受検した時よりも、上の級を目指して頑張りましょう!速解力検定は日々のトレーニングの成果が試されるので、直前にちょこっと頑張ったからといってスコアが伸びるものでもありませんから、今のうちから毎日意識的にトレーニングを積み重ねて行くようにしましょう!

自分が正しくトレーニングできているかどうかをもう一度見てほしい!という場合には藤原を呼んでください。すぐにトレーニングのコツやポイントを伝授し直します!といっても普段から声掛けはしているので、受講生の子はほとんど正しくトレーニングできていることだと思います。

速解力チェックの点数があまり伸びていなかったり、オートトレーニングの数値が低すぎたり高すぎたりする場合には気を付けてみて下さいね!




そしてもう一つは7・8・9月に開催される「速読甲子園」です!


速読甲子園は団体戦と個人戦の2種類あり、速読受講生は両方に参加して全国の強者達とスコアを競ってもらうことになります!


個人戦は、名の通り完全に個人で全国の速読戦士達と戦うことになるので、1つでも高い順位につけられるように努力しましょう!本番は一発勝負なので、ある程度緊張感を持って速解力チェックやランキングを受ける癖をつけておくとよいでしょう。

団体戦は、桜学舎の中から得点のトップ5を選抜して、その選抜メンバーの合計点数で競うようになっています。つまり、こちらは個人戦とは違って「教室vs教室」ということです。桜学舎内のメンバー同士で点数を高めあっていき、その成果が甲子園団体戦の結果として出てくるというわけです。こっちはこっちでプレッシャーですよね...周りの人に迷惑をかけられないし、足を引っ張りたくないし...という期待と不安を抱えながら本番に臨むことになります。うーこわいこわい。


夏は、速読イベントが満載です!


恐縮ですが、藤原も速読甲子園で全国クラスに入りたいと思っているうちの一人です!


夏のイベントで良い結果を出すためにも、今のうちから少しずつ意識してトレーニングしましょう!


ギャラリー
  • 英語速読とは❓❓
  • 速読ののぼり旗が。。。
  • 速読ののぼり旗が。。。
  • 速読甲子園表彰式‼️
  • みんなの速読紹介動画
  • 品川女子学院中等部の説明会に行ってきました!
  • 僕の好きな場所①
  • 京華中学高校の説明会に行ってきました!
  • 速読ブログ番外編 定期テスト結果速報!!